| Home  | 住宅ストック循環支援事業 省エネ改修補助制度制度 
      | NEWS  | NEWS | NEWS |
      | Construction case | Proposed housing | Campaign |
HOME > キャンペーン 企画住宅

SFS
square four sides
ADS
asakawa design sutdio
MR
more refrom

緊急工事 
水周り修理
トイレ・キッチン他
雨漏り補修工事

住宅 設計 施工
リフォーム

家庭園芸
保育

恋愛相談
催眠 セラピー
の真実を教えます

キャンペーン価格  企画プラン住宅


※外部給水工事及び外部電気工事は別途費用がかかります。
※地盤調査の結果 2t/u以下で地盤改良が必要な場合は別途費用がかかります。








木造2階建 枠組壁工法   1階床面積  52.44u(15.86坪) 2階床面積  50.51u(15.27坪)
                   延床面積  102.95u  他バルコニー 4.97u
                   ポーチ     2.66u
断熱2×6工法(壁厚140mm)

2×6工法とは

従来の柱で支える在来工法と違い、2×6工法では枠組み・床 面・壁・屋根などの「面」によって支える箱型6面体の構造をしています。

 2×6工法は、面によって家にかかる力を均等に 分散し、大きな力に耐えることができます。地震や強風などの際も、6面全体で力をまんべんなく受け止め家のネジレ、変形 を防ぎます。

 「枠組壁工法」(「ツーバイシックス工法」や「ツーバイフォー工法」の総称)では、6種類に規格化されたランバー(構造用製材)を用います。このランバーは世界的に規格が決められていて工場にて大量生産されるため、コストダウンが可能で、また品質も安定しています。住まいを構成するダイアフラムの枠組材に2インチ×6インチ材を使ったのが「ツーバイシックス工法」、2インチ×4インチ材を使ったのが「ツーバイフォー工法」です。

 「ツーバイシックス工法」は「ツーバイフォー工法」の1.5倍の壁厚となり、壁の曲げ応力に対する強さは約2.5倍となります。

「ツーバイシックス工法」の自由度
「枠組壁工法」(「ツーバイシックス工法」や「ツーバイフォー工法」の総称)は屋根を支えるための複雑な小屋組みを必要としないため、あらゆる形状の屋根が設計可能です。2つ以上の形状を組み合わせた屋根も考えられます。外壁の仕上げについてもご自由にお選びいただけますので、お客様のご希望に沿った自由度の高い注文建築ができます。
 築工法には、それぞれメリットとデメリットがあります。「枠組壁工法」(「ツーバイシックス工法」や「ツーバイフォー工法」の総称)や「パネル工法」のように壁そのもので家を支える建築工法は、軸組で家を支える「軸組工法」に比べ、耐震性に優れている反面、大幅なリフォームには向かないと言われています。どうしても外せない壁などが出てくるからです。しかし、最近の「軸組工法」は壁式工法の特徴を取り入れているものが多く、「軸組工法」だからといって一概にリフォームがしやすいとも言い切れません。施主様が将来的にリフォームをお考えの場合は、設計する際にそのことを盛り込み、できる限りリフォームのしやすいプランをご提案しております。

耐震性
2×6工法の枠組壁構造は、地震や強風などの際も外からの力を面によって均等に分散し、優れた耐震性、 耐風性を発揮します。さらに、基礎にも均等に荷重が伝わるので基礎構造の安定性が高まります。
日本ツーバイフォー建築協会の調べでは、阪神淡路大震災の被災地における「枠組壁工法」(「ツーバイシックス工法」や「ツーバイフォー工法」の総称)住宅の96.8%は、特に補修しなくても居住可能だったことが分かっています。

耐火性
火の回りをパネルでシャットアウトするファイアストップ構造。また、2×6工法ならではの壁、天井内に入っている構造 材も、同じように火の回りを食い止める効果があります。火は酸素がなくなると、それ以上は燃えることができません。
 「枠組壁工法」(「ツーバイシックス工法」や「ツーバイフォー工法」の総称)は非常に気密性の高い工法なので、各部屋が防火区画として機能し、他の部屋への延焼を食い止めます。
 また、火は床下・壁内・天井裏などの空間を伝って他の部屋へ移動しようとしますが、「枠組壁工法」では床下・壁内・天井裏も気密性が高く、一定間隔で組まれている構造材がファイヤーストップ材となって火の進行を遮断してくれるのです。
 このように構造躯体自身が炎の流れを止めることから、「ファイアーストップ構造」と呼ばれています。 木材は、表面が炭化して火の進行を遅らせる性質があります。
 特に「枠組壁工法」(ツーバイシックス工法」や「ツーバイフォー工法」の総称)は、防火扉が何重にも設置されているような「ファイアーストップ構造」と、各部屋の壁や天井に貼られた厚さ12.5mm以上の石膏ボードのおかげで、非常に高い耐火性を発揮します。そのため、住宅金融公庫の融資金額でも鉄筋コンクリート並の扱いとなっています。また、火災保険料に関しても「軸組工法」に比べ安い設定となっています



屋根  ガルバリウム鋼板
外壁  スチール製サイディング張
基礎  べた基礎
外部建具  ペアガラスサッシュ LIXIL
内部建具  LIXIL既製品建
 
 
キッチン 2550mmシステムキッチン LIXIL
浴室   1616タイプユニットバス LIXIL
洗面   洗面化粧台ユニット750mm LIXIL
トイレ   シャワー付トイレ LIXIL




▲PAGE TOP