| Home  | 住宅ストック循環支援事業 省エネ改修補助制度制度 
      | NEWS  | NEWS | NEWS |
      | Construction case | Proposed housing | Campaign |
HOME > 雨漏り緊急調査 非破壊 赤外線サーモグラフィー 雨漏り検査 結露検査

SFS
square four sides
ADS
asakawa design sutdio
MR
more refrom

緊急工事 
水周り修理
トイレ・キッチン他
雨漏り補修工事

住宅 設計 施工
リフォーム

家庭園芸
保育

恋愛相談
催眠 セラピー
の真実を教えます

雨漏り緊急調査 非破壊 赤外線サーモグラフィーによる雨漏り調査 結露調査


赤外線サーモグラフィーは非接触方式温度計で物体の表面温度を画像データとして見ることができます。
この特性を生かして建物の壁、屋根、内装材などを測定して、その画像データを解析することで、柱、間柱
筋交いの有無や含水状況(雨漏り・結露)を非破壊で確認することが可能になります。
この技術を応用すると、外壁の劣化の状況を確認することもできます。
解析技術は単純に温度差だけを見ている訳ではなく、専用のコンピューター解析ソフトを使用して、
画像として確認することができるのでお客様にもわかりやすく伝えることが可能になります。
赤外線技術だけでなく建築の納まり等の理解している、私ども建築士が対応します。

雨漏り調査の一例です。


診断の内容料金
@雨水診断コース A漏水診断コース B @+A併用コース
165u未満 108000円
165u以上 135000円
165u未満 100000円
165u以上 125000円
165u未満 216000円
165u以上 186000円

作業料金については お気軽にお問い合わせください


申し込み時の事項

・建物の建築図面(平面図・立面図・案内図)の提出をお願いします。

・「現場状況確認チェックリスト」の提出が必要となります。

・診断のみで保証は行ないません。

・土、日、祝日の診断は行ないません。

・調査結果は報告書にて提出します。
※規模や診断内容により異なりますが、診断日から約10日を要します。

・水分の滞留が見られても、現象として「雨漏れ」がない場合、瑕疵とは認定致しません。
・調査が困難である部分については、水分浸入の特定が出来ない場合があります。



診断の際の事項

室内、屋外、バルコニー(該当のある場合・アルミ製を除く)を診断致します。
・診断当日の雨や、前日の雨の影響がある場合は延期になります。
 ※お施主様にも、その旨事前にお知らせ下さい。

・診断結果の精度が低下する要因の例として
 ・足場の設置された状態
 ・内装ボードの剥がされた状態
 ・クロスの貼り替え完了直後の状態
 ・隣地との距離が少ない状態
 などがあげられますのでご注意下さい





▲PAGE TOP