| Home  | 住宅ストック循環支援事業 省エネ改修補助制度制度 
      | NEWS  | NEWS | NEWS |
      | Construction case | Proposed housing | Campaign |
HOME > 耐震診断 耐震補強

SFS
square four sides
ADS
asakawa design sutdio
MR
more refrom

緊急工事 
水周り修理
トイレ・キッチン他
雨漏り補修工事

住宅 設計 施工
リフォーム

家庭園芸
保育

恋愛相談
催眠 セラピー
の真実を教えます

耐震診断 耐震補強 


耐震診断 耐震補強の重要性 の前に 近い将来発生するとされる地震について動画を見てください。

内閣府 防災情報のページより

南海トラフ巨大地震、首都直下地震の被害と対策に係る映像資料
http://www.bousai.go.jp/jishin/nankai/nankai_syuto.html

南海トラフ巨大地震編
http://wwwc.cao.go.jp/lib_012/nankai_all.html

首都直下地震編
http://wwwc.cao.go.jp/lib_012/syuto_all.html


政府インターネットテレビより

あなたの家は大丈夫?耐震診断 耐震改修
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg5690.html
内容
昭和56年以前に建てられた建物は、大地震に対しての安全性、耐震性が不足している可能性があり、耐震改修工事が必要な場合もあります。しかし、耐震診断・耐震改修を行った方が良いとわかっていても、実際には、「お金がかかる」、「面倒」、「すぐに地震は起こらないだろう」などの理由で、工事を行う方は多くありません。今回は、東京大学名誉教授、財団法人日本建築防災協会理事長、岡田恒男さんをお迎えし、耐震診断や耐震改修の方法などについて紹介します。


   淺川企画設計 木造耐震診断士による耐震診断

上記のように昭和56年5月以前に着工した木造住宅は補助制度がありますが以降の建物は補助制度がありません。

たとえば、北杜市(一部地域を除く)であれば都市計画区域外なので昭和56年5月以降でも建築基準法による建築確認が必要ではありません。壁の配置などのチェックをする意味でも耐震診断をして安心を確認しましょう。

迫りくる地震に対して、自らの命はもとより大切な家族を守るために安心を手にしましょう。



1. 木造住宅(軸組み工法)

1-1.耐震診断内容の概要
対象建物の履歴、外観調査、部材断面の測定、筋交い位置の確認、
火打ち梁の有無、基礎の状態、建物の不同沈下の調査。 非構造部材の調査。
雨漏りの有無と 位置及び程度。現地調査結果に基づく耐震性評価計算。
強度が不足していた場合の補強設計。

1-2.現地調査事項 (下記の SS精密診断のみ)
■周辺地盤の調査
 崖、盛り土、沈下などの状況
■外壁の調査
 ひび割れの有無、膨れなどの状況
■床下換気口の調査
 大きさと 配置状況
■柱の調査
 太さ、傾ホ状況 (一階、二階)
■小屋裏(屋根裏)の調査
 接合方法、金物使用の有無及びたるみ、火打ち梁の有無、雨漏り、
 
筋交いの有無、及び厚みと止め方
■床の調査
 傾ホ、剛性
■基礎の調査
 ひび割れの有無、アンカーボルトの有無、鉄筋の有無、間仕切壁下の基礎の有無
■床下の調査
 柱と土台の接合方法、筋交いの有無および厚みと止め方、構造材の、腐朽、
 
蟻害の有無、束、根太、大引状態


精密耐震診断及び耐震改修提案にかかる概算料金
木造(軸組み工法)    
 調査内容  適用最高階数  建物の延べ面積  概算料金
 (単位)  (階)  (u)  (円)
 B 書類のみで診断  3階まで  500u以下(※1) 15,000円
 A 簡易診断  3階まで 500u以下 50,000円
SS 精密診断(※2)

@現地調査
(後、調査を元に現況図作成)

A耐震性評価と補強案の作成

   
 2階建まで 165u未満 190,000円
 2階建まで 165u以上 250,000円
3階建 500u以下(※1)  290,000円
(※1)延べ床面積500uを超える建物は応相談
(※2)当事務所で簡易診断を受けられた後、精密診断を契約されたお客様は、精密診断料を50,000円値引かせていただきます。
註) 諸経費(交通費、宿泊費、検査装置損料等)は別途とする。   

B 書類のみでの簡易診断 ¥15,000.
準備していただくもの

・平面図(筋交い位置が分かるもの)・立面図・矩計図 ・チェックリスト(記載していただきます)

平面図・立面図・矩計図の図面があり筋交い位置が明記あるもで、
図面のみで(現地調査しません)
それにそって築年数等考慮した上で耐震診断書を作成致します

A 簡易耐震診断 ¥50.000.
・平面図(筋交い位置が分かるもの)・立面図・矩計図 ・チェックリスト(記載していただきます)

平面図・立面図・矩計図の図面があり筋交い位置が明記あるもので、
現地にて状況を確認
して(簡易現地調査)床下等にはもぐらず簡易目視のみ
築年数等考慮した上で耐震診断書を作成致します。

SS 精密耐震診断 ¥190000(2階以下165u未満)  ¥250000(2階以下165u以上500u以下)
・平面図(筋交い位置が分かるもの)・立面図・矩計図 ・チェックリスト(記載していただきます)

平面図・立面図・矩計図の図面があり筋交い位置が明記あるもので、
現地にて状況を確認
して現況の図面作成準備 床下・天井裏も入って調査を行います。
築年数・経年劣化・現況劣化等考慮した上で精密耐震診断書を作成致します。

耐震診断書のお届けの際に 建物状況 画像シュミレーションによる 揺れ方状況 倒壊状況をお見せいたします。(※B 書類のみの診断は除く)
▲PAGE TOP